ご飯のおともに最高のしば漬け!土井志ば漬け本舗のしば漬けがあれば何杯でもイケるで!

生活

最近お米のご飯にハマっています。
太った体を引き締めるために少しダイエットをしたので、その期間はお米が満足いく量食べられなかったというのが大きな理由です。

久々にお米を食べるとなると、おともが必要になりますよね。
最近ハマっているご飯のおともが大原の里のしば漬けです。
普通のしば漬けだけでなく、キュウリのからし漬けなんかの変わり種も入っているので、食卓に必ず2、3種類並んでて、これだけで何杯でもご飯食べられる感じです。

土井志ば漬け本舗は京都の漬物屋さん

土井志ば漬け本舗は京都にある漬物屋さんで、旬の野菜を漬物にして販売していたり、佃煮や焼き魚の西京漬けなども販売しています。
都内では三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店などで販売しているようですが、そんなオシャンティなところには中々入れないので、インターネット販売を私は利用しています。

京都の本店さんには定食屋さんも入っているそうで、お惣菜のしば漬けのコロッケが有名なんだとか。
最近はこのしば漬けシリーズにハマりっぱなしなので、本場の京都で本店か三千院店に行って仕入れたいと思うほどです笑。

普段メインで食べることの少ない漬物などを専門に扱っていて、好き嫌いがあるかと思いますが、好きな人は確実にハマる漬物屋さんだと思います。

大原の里は美味しいしば漬けの詰め合わせなので常に美味しいが続く

今回私がお勧めしたいのは大原の里という芝漬けの詰め合わせシリーズです。
大原の里自体は複数あって、入っている中身と数量が違います。

私は10種詰め合わせのこちらをお勧めしています。
少し画像がぶれているかもしれませんが、定番のしば漬けだけでなく、色んな定食屋さんでも出てくるたくあんのはりはり漬けや、きゅうりを刻んだ在所漬きざみなどが入っているので、食感の違いや味の違いが感じられます。
やっぱりしば漬けというくらいなのでシソが感じられる漬物が多いのも評価が高いです。

我が家ではしば漬けのシソ風味は私しか食べないので、これだけで毎回ご飯1杯食べてしまっています笑

和風な食卓を作りたい時には是非しば漬けを取り入れてみて

食卓を作っていく時に和風の食事には欠かせないお漬物ですが、しば漬けと一口に行っても今回ご紹介したアソートは種類が様々で彩りも綺麗です。
和食系はどうしても色濃いものがメインになるか、全体的に薄い色合いになることが多いので、色味のアクセントにも、食事のおともにも欠かせないしば漬けを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

私はもうこれなしでは生きていけないくらいどハマりしてしまっています!笑

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
生活
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました