仕事休みで一日中暇な奴は枝豆を育てろ!夏前にはふっさふさに実るぞ!

生活

経験者は語る。

実は私は去年枝豆を育てたことがあります。
それはもう簡単に育ってくれました。しかも収穫までなんと約3か月
芽が出て6本分でおつまみ2回分くらいは実りましたね。

しかも、水やり以外はほとんど何もしていないというお手軽さ!

仕事が休みになって、しかも暇になったといううらやましい輩は買い物ついでに100均で種とプランター買って育てなさい。めっちゃうまいから。

枝豆を育てるのに必要なものはほとんどない

枝豆って実は育てるのがかなり簡単な野菜です。
しかも栄養価がほかの野菜に比べて格段に高く、妊婦に必要な葉酸は野菜の中でトップクラスです。

用意するものは簡単です。

  • 種(100均で売ってます)
  • プランター(100均で売ってます)
  • 土(ホムセンで300円くらいで売ってます)
  • 化成肥料(もしあれば)

これだけです。
実際に育てるのに必要な金額は種が数粒なので、水代含めても450円くらいでしょうか。
暇なときにワンコインで枝豆とれるってすごいですよね。しかも自粛が続くなら夏に家で枝豆ビールができます。最高です。

下準備は土を敷いて種をまくだけ。1週間くらいで芽吹きます

下準備は簡単で、プランターに土を敷いて、種をまきます。
少し指でくぼんだ穴に種を2~3粒入れます。
隣同士の感覚は20センチあるかどうかでよいかなと。

で、日当たりのいいところで毎日水を1回あげれば1週間くらいで芽吹きます。

苗は1つの穴に1本でいいので、多数芽吹いたら一番生きのいい1本以外は間引いてくださいね。

もしもハトが家の近くを飛んでいるときは、芽が食われる可能性があるのでポットで育てると安心できますよ。ポットはホムセンで大量に安価で売っています。

芽が伸びてきたら少しづつ土寄せしてあげるだけ

芽が伸びてきたら、プランターの周りの土を枝豆の茎に寄せて盛ってあげます。
こうすることで根っこがしっかりして大きな実をつけることができます。

頻度は2回程度で、2回目には最初に出てきた葉っぱ(子葉)が埋まるくらいの高さまで盛ってください。

あとは毎日朝夕にたっぷり水を上げてください。

実ができるまでは乾燥との闘い。水分多め=豆が甘くてうまくなる

あとはひたすらに水をあげます。
私は朝にプランター1個当たり5リットル、夕方にも5リットルあげていましたが、夏場にかかって育ててた時はそれでも少なく感じました。

幸い病害虫は出ませんでしたが、病害虫が出た場合は農薬を使って退治してください。
都会のプランター栽培なら出る確率はそこまで高くないですよ。

肥料は葉っぱが黄色くなってきた場合だけでいい

化成肥料は葉っぱが黄色くなるなど、土の栄養が少なくなってきたときだけで問題ありません。
それくらい枝豆は育てるのが簡単です。
気になる場合に買ってきてまくくらいで大丈夫です。

種を植えてから3カ月程度で食べられます。収穫後速攻ゆでるとめちゃくちゃ甘くてうまい!

種を植えてから早生なら3か月くらいで収穫できます。
収穫した瞬間から鮮度が下がり、実が固くなり少しづつえぐみが出てきます。

一番美味いのは収穫後30分以内に茹で上げて食べることです。
えぐみなどは一切なく、やわらかくて甘い最高の枝豆になります。

家庭菜園を侮るなかれと思えるくらいのうまみで、スーパーなどで売っているものよりもおいしく感じられました。
育てるなら最高にうまい状態で食べてください。

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
生活
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました