こどもちゃれんじぽけっと☆6月号は「思いやる気持ち」「高い低い」

こどもちゃれんじ

しまじろうの妹「はなちゃん」のお世話セットが届くということで息子がずーっと楽しみに待っていた6月号。
ようやく届きました♪

絵本は「ぼく、おにいちゃんだもん」

知育玩具としてはなちゃんが届いたこともあってか、しまじろうが積極的にはなちゃんをお世話する話でした。
我が家は息子一人なのですが、絵本を読みながら「○○君もお兄ちゃんだよ!」と言っているのを聞くと、このまま一人っ子でいいのかな?とちょっと悩んだり…。

「考える力」のコーナーでは「高い低い」を学ぶ内容でした。
高いビルと低いビルがあって、どちらが高いか考えたり。
先月号は「長い短い」がテーマで息子は早々に理解をしていましたが、今月号の「高い低い」もすぐに理解していました。
すごい!(すぐに親バカモードになってしまいます)

知育玩具は「はなちゃんお世話セット」

しまじろう人形より一回り小さいサイズのはなちゃん人形。
英語のコースで貰ったShimajiro人形よりは大きいです。
お世話セットは紙製で、体温計やシャンプー等がありました。
はなちゃんのお洋服やオムツは着脱できるので、ボタン外しの練習を兼ねてお着替え遊びをしています。
息子は小さい時からお人形遊びが好きなので(ピークは1歳1ヶ月頃かな。最近はしていませんでしたが)、「○○君がやる!」といってお着替えや寝かしつけをしてくれます。

大人の読み物は「思いやりの育て方」

思いやりを育てていくにはどうしたらいいのかというQ&Aがメインテーマでした。
その中でこんな内容がありました。

Q.トラブルがあったら大人がすぐに止めた方がいい
A.NO。すぐに止めるより、ケガをしないか気をつけながら見守りましょう

これって難しくないですか?
理想では子ども同士のトラブルは見守る方がいいのは分かるし、そうしたいですが、実際トラブルになってる時に止めないと「なんで止めに入らないの?」的な雰囲気になりませんか?
仲良しのお友達なら親同士も分かっていて大丈夫だと思いますが、子どもが遊ぶのって必ずしもそういう関係のお友達だけじゃないし。
子どもの自己主張も大切にしつつ、周囲との関係も大切にしつつ…って難しいですよね。

12ヶ月一括払い特別特典「ふかふかDVDケース」


年間購読をしているのでその特典のDVDケースが同封されていました。
ちなみに、写真の上段が今年の特典で、下段が去年のものです。
若干しまじろうが成長している気がします。
今年のしまじろうの方が口角がキュッとしていてお兄ちゃんっぽい!笑

この記事を書いた人

2歳の息子がいる専業主婦です。
毎日育児に奮闘しています。
*****
電車やバス、飛行機といった乗り物系全般が好きな息子。
特に飛行機が好きなようでANAとJALの区別が出来るようになりました。

まりこをフォローする
こどもちゃれんじ子育て
スポンサーリンク
まりこをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました