ドンキの最新タブレットが最強コスパでやばい!スペック解説!

ガジェット

2018年6月8日から販売されるドンキの最新タブレットがハンパないと話題になっているらしい。

タブレットと着脱式のキーボードがついて2万円を切るというから驚きだ。

で、実際のところスペックってどうなのよ?
低スペックのゴミ押し付けられるためにわざわざ2万も払うやつっているの?

と、私が思ったので、新型タブレットのスペックをしっかり調べました。
「買い」かどうかはあなた次第!

ドンキの最新タブレット「ジブン専用PC&タブレット3」はウィンドウズタブレット

ドンキの最新タブレットはジブン専用PC&タブレット3という、なんとも大見得を切った名前である。

このジブン専用PC&タブレット3は前作に比べてメモリを大幅増量したことで話題になったわけだけど、全体のスペックを知っている人は少ないはず。

実際、メモリだけレベルが上がっても他のレベルが低いと宝の持ち腐れだし、安かろう悪かろうだと正直買う気にはなれない。
ただ、全体のスペックよりも気になる所が、ウィンドウズタブレットだということ。

ウィンドウズタブレットの大きな利点は、マイクロソフトオフィスが使えること。
通勤途中でも、家にいても、出張しててもオフィスが使えるのは魅力的です。
互換性のないソフトウェアを使っていると、文字化けやレイアウトの不具合が発生するからね。
そういった心配が最初からないので、着脱式キーボードの意味もあるというものです。

ジブン専用PC&タブレット3のスペックは概ね平均的なのでコスパは良い方だが…

ジブン専用PC&タブレット3のスペックは以下の通り。

■型番:RM-F106-SR
■カラー:シルバー
■プロセッサ:Intel Atom X5-Z8350 Cherry Trail
■プロセッサスピード:1.44GHz / 最大1.92GHz
■OS:Windows 10 Home 64bit
■ビジネス統合アプリ:Microsoft Office Mobile
■ディスプレイ:10.1インチタッチパネル IPS液晶 ガラスパネル1,280×800ドット
■システムメモリ:DDR3-L DRAM4GB
■ストレージ:32GB eMMC
■無線LAN(Wi-Fi):IEEE 802.11b/g/n
■通信:Bluetooth®4.0
■カメラ:前面 / 200万画素、背面 / 500万画素(オートフォーカス機能付き)
■バッテリー容量:6,000mAh / 3.7V
充放電可能回数(約) / 500回
駆動時間(約) / 5.5時間 ※使用状況により変動します。
充電時間(約) / 3.5時間 ※使用状況により変動します。
■キーボード:脱着式
■インターフェイス:
USB Type-C×1
Micro HDMI×1
Micro SDカードスロット×1(最大128GBまで)
3.5mm オーディオジャック×1
マイク×1
USB 2.0×2(キーボード)
■USB Type-C 充電ケーブルの長さ(約):1m
■製品サイズ(約):
タブレット / 257.2×172.8×9(mm)
キーボード / 256.6×180.6×9~17.5(mm)
ドッキング時 / 257.2×180.6×17.5(mm)
■質量(約):
タブレット / 595g
キーボード / 540g
ドッキング時 / 1135g
■筐体素材:プラスチック
■付属品:USB Type-C 充電ケーブル、AC変換アダプター、ピン、取扱説明書、保証書
■生産国:中国

キーボード込みの重さが1キロ前半と非常に軽いにもかかわらずスペックは高い。
ひとつだけ気になる所と言えばCPUがIntel Atom X5-Z8350 Cherry Trailであるということ。
このCPUは非常の性能が低いこととして名を知られています。
Core i7の3分の1くらいの力しかないので、いくつかのアプリケーションを同時に起動したりすると重くなってしまうことがある。

ただ、実際にはそこまで忙しい仕事をタブレットにさせるのは難しいので、そこまでの不便さは感じないはず。

気軽に持ち運びしながらマイクロソフトオフィスを使いたいなら絶対買うべき。それ以外は…

ここまでスペックを見てきたわけですが、実際に「買い」かどうかで言うと、基本的には「買い」です。

タブレットにノートPC並みの負荷をかけて楽しむという目的がなければ購入することをおススメします。
実際のところ低スペックではあるものの、使い勝手が悪いものはなにもないので本気でおすすめしたいタブレットです。

ジブン専用PC&タブレット3は6月8日から「順次」発売なので、急ぎすぎなくてもいい

今回紹介したタブレットは大人が見ても楽しくなれる要素が満載です。
早く買いたいという人はお店に人に早く声をかけて内情を聞いてみましょう。
意外と入荷後の販売は販売予定日より少し後の場合もあります。

タブレットをうまく使いこなして仕事もプライベートも充実させましょう。

2018年12月7日発売のドンキPCの記事を更新しました。

今年最後についに出た!最新ドンキPCのコスパは最強なのかスペック解説
ということで久々にドンキPCが更新されたのでスペックから確認していきたいと思います。 簡単に言えばメモリを2GB→4GB、microSDスロットの対応容量を64GB→最大128GBになったとのことですが、じゃあ使い勝手って良くなったの...
この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました