【NETFLIX感想】クリミナルマインド9 第14話「200」

NETFLIX

あらすじ

JJが何者かに拉致された。
彼女の救出を急ぐチームは、プレンティスに助けを求め、JJが国務省勤務時代に担当していた特殊任務について捜査する。

名言

【1】未来に備えて過去を振り返るのは、他に手掛かりがないからだ(J・バーク)
【2】深淵を覗くとき、深淵もこちらを覗き返している(ニーチェ)

内容(ネタバレ)

被害者

1人目:マテオ・クルーズ
拉致拷問され、セキュリティコードを聞き出されたのちにアスカリに刺されたが一命をとりとめた。

2人目:ジェニファー・ジャロウ
拉致拷問され、殺されそうになったところをBAUメンバーが救出。直後にアスカリを追い銃撃戦となった。

■重要ワード
・インテグレティ
ビンラディン捜索のための作戦用データベースの名前

BAUメンバーの行動

【1】JJが拉致されたことを知ってからは、
①ホッチは国務省へ
→国務次官と交渉しインテグレティについて聞き出す。
②リードとガルシアは国家機密区分情報施設(SCIF)へ潜入
→JJがクルーズとストラウスと一緒に中東にいた時の写真を見つける。
③ブレイクとロッシは渉外担当だった時に使っていた部屋へ
→金庫のロック(暗証番号:母親になった年「2008」)を開けて「インテグレティ」と書かれた資料を見つける。

【2】BAUメンバーが締め出されてからは、過去のBAUメンバーであるエミリー・プレンティスに協力を求めます。

【3】JJが起動させたセキュリティコードによって拉致の場所を知り、救出に向かう。

犯人

ティヴォン・アスカリ
元イラクの特殊部隊員で、JJ国務省勤務時代にアフガニスタンで通訳を担当

マイケル・ヘイスティングス
CIA工作員で、JJ国務省勤務時代にアフガニスタンで通訳と拷問を担当

動機

セキュリティコードを聞き出すために、JJとクルーズを拉致拷問した。

結末

クルーズとJJの救出後、犯人らとBAUとで銃撃戦となる。
ヘイスティングスはエミリーとJJに追い詰められ、戦闘の末に屋上から落下して死亡。
アスカリはよく分かりませんでした。銃撃戦の最中に撃たれたような気もするのですが、薄暗くてよく分からなかった…。

感想

不倫を匂わせるようなシーズン9の4話からようやく本題に!
JJとクルーズ部長が拷問されるシーンはつらいです。
ていうか普通に拷問シーンは苦手。

拷問中は、国務省勤務時代の話(2010年アフガニスタン)と行ったり来たり。
今は亡きストラウスも登場します。すでに懐かしい。ストラウス!

途中、アフガニスタン駐留時代にJJが第二子を妊娠していたことも判明します。
そして銃撃戦の末、流産してしまったことも。
あぁぁ辛い。

この記事を書いた人

4歳の息子がいる専業主婦です。
毎日育児に奮闘しています。
*****
電車やバス、飛行機といった乗り物系全般が好きな息子。
最近のお気に入りキャラクターは、ポケモンとすみっコぐらし❁¨̮
今更ながらNetflixで初代ポケモンのアニメを見ています。

まりこをフォローする
NETFLIX
スポンサーリンク
まりこをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました