年末なのですき家のメガ盛り牛丼食べてみたら意外と食べられた話

生活

私は年末年始だけは食っちゃ寝すると決めています。

ということで、今回はすき家のメガ盛り牛丼を食べてみました。
特盛を食べたことはありましたが、メガ盛りは正直大食いクラスだろうと思っていました。
実際同じ味が続くと飽きそう出しね(笑)。

でも食べてみるとあら不思議?意外と簡単に食べ終わりました。
今回はメガ盛りを持ち帰るとどんな容器でどんな感じなのか、そして食べてみた感想をまとめます。

すき家の牛丼のサイズ一覧

これは「ランチメニュー・クーポン」さんのサイト(https://menucoupon.net/sukiyasize)から引用しています。

  • ミニ ご飯170g、お肉60g、合計230g
  • 並盛 ご飯250g、お肉85g、合計335g
  • 中盛 ご飯225g、お肉120g、合計345g
  • 大盛 ご飯350g、お肉110g、合計460g
  • 特盛 ご飯350g、お肉170g、合計520g
  • メガ ご飯350g、お肉255g、合計605g

こうして一覧にしてみると並盛との量の差が大体2倍になります。
しかし、ご飯の比率は少なく、お肉の比率が多くなっていますね。並盛との比較では3倍です。
お肉をたくさん食べたい!という人はメガ盛りは意外といいのかもしれませんね。

個人的にはお肉比率はメガ盛りの比率がいいですね。お肉が長いことが多いので、並盛だと一口で食べるとご飯だけが残ってしまうことがあるんですよね(笑)。

実際のメガ盛りお持ち帰りは横に長い!

これが実際の大きさです!
横にでかい!以前食べたニンニク牛丼では普通のパックだったんですけど、これはさすがに量が入りきらないからなんでしょうか。
横いっぱいに敷き詰められていますね・・・。

すき家のトリプルニンニクMIX牛丼を食べてみた!めっちゃスタミナつくぜ!
トリプルニンニクMIX牛丼たべてみた! ということで、今回は暑い夏を乗り切れ!ということですき家のトリプルニンニクMIX牛丼というのを食べてみました。 先に結論から話してしまいますが、めっちゃニンニク!元気が出るかどうか以前の問...

今回持ち帰りしたメガ盛りはつゆだくにしたのと肉が多いので食べやすかった!!

今回に限らず、私は牛丼を食べるときは基本的につゆだくです。
普通に食べると、お米の白い部分が残っていて、お肉などが少なくなってきたときに少し食べにくい印象があるのと、何より雑炊やリゾットといったような少し水気のあるご飯料理が好きだからです。

そして、今回のメガ盛りもいつも通りつゆだくにしてもらいました。
ただ、メガ盛りは肉の量が多いので、つゆだくにしなくてもしっかり食べきれるかな?というくらいにご飯とのバランスが良かったです。
でも、やっぱりつゆだくの一回たれのシャワーを浴びたご飯の美味さは最高でした。

メガ盛り感触は約15分でした

今回の持ち帰りは仕事の合間に食べることとなったため、急いで食べてしまいました。
完食までにかかった時間は約15分、薬味は持ち帰りの紅ショウガを6袋、七味唐辛子は8袋使いました。
毎回牛丼を食べるときは紅ショウガも七味も結構使いますが、今回は新記録じゃないかな?すごい味変しないと早く食べることができませんでしたね。
ゆっくり食べるならもう少し変わっていたかな?

適度に味変しても飽きてくるし、満腹感も出てしまうので、普通に食べて20分くらいで食べられるなら不定期購入もありかも?と思いました。

店舗限定かつ店内限定キング牛丼なるものもあるらしい?

今回のレポートを書くにあたって、いろいろ調べてみたのですが、実は一部の店舗で、店内飲食の客限定でキング牛丼というものがあるらしいです。
価格は1200円程度でメガ盛りの2倍量らしいとか・・・・。

食べられる気がしないのですが、もしもやってる店があったら怖いもの見たさで頼んでみたいですね。
コスパだけは確実に良さそうですしね(笑)。

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
生活
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました