SFC修行の話 13-14レグ目 今回は素泊まり最安値ホテルを利用してみたよ!

SFC修行

私の修行の一番の目的はとにかく安く!ということでした。
だから1月の頭の一番安い時期からチケットを発券し、マックで夜を明かしたり、満喫を使ってみたりしました。

でも、どっちも正直全然休まらないしかなり精神を消耗します。
なんといっても夜一番遅い便で行き、朝一の便で行くから緊張感が抜けきらないんですよね。
というのも年度末に向けて仕事が忙しい中での修行なので、朝一の便で帰ってきてから速攻で仕事に行っているため、このスケジュールは外せないんですよね。

でも、正直仕事にまで差支えが出てきてはたまらないので、今回は最安素泊まりホテルを探して利用してみました。

以前までのお話はこちら

SFC修行の話【修行のきっかけ編】
SFCの話しについては依然に記事で書きましたが、今回は、私がSFC修行を始めたきっかけについて書いていこうと思います。 SFCを取っていると空港内外で高品質サービスが受けられます。 SFCの修行を始めようと思ったのは兄がSF...
SFC修行の話【修行スケジュール編】
SFC修行が決まり、カードも手に入れ、修行スケジュールを決める時が来た! 今回私が行う修行はANAプラチナになるための修行なので、今後はプラチナ修行とします。 私の仕事の時間は「月-金ほぼ定時」と安定しているとはいえ、う...
SFC修行の話 0レグ目 駅からラウンジまで…国内線ラウンジの威力は半端ねぇ!
SFC修行を開始する話は以前にしました。 いよいよスケジュールに沿って1レグ目がスタートします。 今回は0レグ目として1レグ目の予定から、荷物の内容、空港までの道のりをまとめ、ラウンジを紹介します。 今回の旅程は夜...
SFC修行の話 1レグ目 ANA国内線プレミアムクラスは快適すぎて降りたくなくなる
今回はいよいよ搭乗!そして那覇へ! 見知らぬ土地で一人で夜を明かすのは結構つらいです。 以前までの記事はこちら 国内線は何度も乗ったことはあっても、プレミアムクラスは初めて 今まで旅行などで、何度も国内線...
SFC修行の話 1レグ目(夜) 那覇空港から24hマックまでは異常に暗いし人もいない
ここからは1レグ目の深夜帯のお話。 せっかくの修行なので荒行にまでもつれこんでやろうじゃないか! まだ若いんだし全然大丈夫でしょ! そんな強気な私は12時にはグロッキーでした(那覇到着時間22:50) 以前までのお話はこちら ...
SFC修行の話 2レグ目(夜) マックで夜を明かして空港で一杯ひっかけて帰ります
深夜のマックの状況と帰り道の様子です。 オリオンビールの美味さに感動し、朝方の空港を楽しむお話です。 以前までのお話はこちら 深夜のマックは地元民の憩いの場になっていた 午前2時前にマック...
SFC修行の話 3レグ目 羽田空港国際線で空港泊して朝一の便から修行しよう!
今回のメインどころは朝一の国内線の沖縄行きの便に乗るためにどうすればいいかということで、国際線で空港泊に挑戦しました! 旅行などで飛行機を乗る人はほとんど見ることができない深夜の羽田空港に迫ります(笑)。 以前までのお話はこちら...
SFC修行の話 4~6レグ目 1日2往復のつらさを感じた話
今回は1日に2往復するパターンの1往復半のお話です。 3~6レグ分なのですが、3レグ目は空港泊をしたので残りの修行分となります。 初めて2往復してみましたが、同じCAさんと往復なのでやっぱ少し恥ずかしいですね。 以前までのお話...
SFC修行の話 7~10レグ目 1日2往復の時はあんまり食べ過ぎないほうがいい
今回も前回同様に1日2往復した時の話です。 1日に2往復すると胃袋的につらいという話は前回の4~6レグ目の記事にも書きましたが、今回はそれが原因で死ぬほどつらい体験をした話を書きたいと思います。 以前までのお話はこちら ...
SFC修行の話 11レグ目 初の成田アライバルラウンジを経て那覇へ
今回の修行は初めて成田空港から那覇空港への旅になります。 成田空港は1日1往復していますが、夜発夜着の片道と、午後に那覇を出て夕方到着する片道しかないので、1日のうちで1往復するのは物理的に難しいと言えます。 しかし、成田空港を利用...
SFC修行の話 12レグ目 那覇で一夜を明かす!満喫編
さて、時間は夜の10時。 成田発那覇夜便に乗った私は那覇で一夜を明かし、8:05出発の便で東京に戻るためにおよそ9時間程度の時間つぶしをすることになった。 前回のマックで朝まで過ごすなんてことは正直年齢的にも体力的にもきつい…。 ...

13レグ目は簡単に機内食のみの紹介

13レグ目については特筆するようなことはありません。
いつも通り羽田に行き、ラウンジでまったりし、機内です。

戻ってきた羽田機内食です。
前回の時は成田発だったのでかなり口に合わない機内食でしたが、羽田発はしっかり陶器の器が戻ってきています。
中身もしっかりしたキノコの炊き込みご飯に煮物など、和食がメインのめちゃウマ機内食でした。

機内サービスのコーンスープがなくなった時は野菜スープが出ます

機内食が終わった後にCAさんが必ず必要なものはないかなどを聞いてくれます。
機内が涼しかったり、外が寒かったりすることもあるので、私はコーヒーかコーンスープを多く頼んでいました。

今回はコーンスープが切れているとのことだったのでコーヒーにしようかと思ったのですが、CAさんより、代わりの野菜スープがある旨を聞きました。
初めて聞いたため、ぜひくださいと言い、持ってきてもらいました。
めったにないことかもしれないので写真だけ載せておきます。
なんてことないスープですが、このスープの器は機内食やほかの飲み物では出ない器なんです。
初めて見た器だったので結構興奮していたのを覚えています。

今回は旭橋のホテルを利用します

那覇空港に着いたら急いでホテルに向かいます。
到着した時間が30分ほど遅れ、予約した時間に間に合わないためです。

ゆいレールのモノレールを待つまでの間にホテルに連絡を取ります。
時間を1時間ほど遅れてしまいそうと伝えると、陽気にOKとのこと。
チェックイン受付時間を過ぎているような気もしたんですが、とりあえず急ぐことにしました。
ゆいレールって人が運転するんじゃないんですね。たまたま先頭に入れたので見てみると運転席には人がいなかった。
多分遠隔操作で動いているのかなぁ、なんて思いながら旭橋を目指します。

今回予約したホテルは素泊まりなんと2000円!

今回予約したホテルの話になります。
なんと、今回予約したホテルは楽天ホテルで素泊まり1泊2,000円でした!

多分素泊まり料金としては地域最安値です。
前回の満喫が6時間で1,480円だったので、ベッド等もあるホテルの一室をこの価格で借りれるのは最高です。
しかも楽天ポイントが結構あったので、実質500円くらいで泊まれました。

そのホテルはホテルコンチネンタルというところです。
旭橋駅から徒歩15分くらいでしょうか。那覇市辻という地域に聞き覚えがある人も少なからずいると思います。

簡単に言えば風俗街にあるホテルなんです。
ホテル外観の写真ですが、撮影の後ろではめちゃめちゃ客引きされています。
むしろこの地域に普通に歩いてる人は私以外いないんじゃないか?
別角度からの写真です。もはや廃墟かというくらい暗いですが、この時点で12時超えているので当たり前の暗さです。

ちなみにほかの人も含めた雑魚寝になる宿泊所もあるのですが、主にサーファーや学生が激安旅行をするときに使うようで、セキュリティーがしっかりしていなかったり、周りに人の気配がするので安心できなかったりと不安が多いです。なんて言っても30歳ですからね。若さにあてられてしまいます。
ただ、そこでもよければ500円で泊まれるところなどもあるみたいですよ。

ホテルコンチネンタルのお部屋のご紹介

ホテルコンチネンタルでは歯ブラシ、コームは受付でいくつでももらえます。
受付中に必要な量をもらって客室に向かってください。
今回私が案内された客室は201号室です。
完全にエレベータの隣です。つまりうるさい可能性が高い。
しかも客室の扉の前にテレビカード販売機が…。不特定多数が部屋の前にうろつく可能性が…。

結果的には、夜中なのでそこまで人は来ませんでしたので問題でもありませんでした。

ということで部屋の中をご紹介します。
扉の裏側ですね。右手に見えるのがトイレとお風呂です。
お部屋の内部です。右手に机、冷蔵庫、テレビがあり、ベッドはツインでした。
シングルサイズなのですが、少し狭いような感じ?
電灯が昭和感にあふれたレトロな感じです。
バスルームです。ここまでそろっていると不満はありませんよね。

でも、写真には映りこみにくいのですが、そこかしこにヒビが入っているんです(笑)。
家族で旅行ではなくて、そっち系のための宿泊施設なんだという感じがひしひしと伝わってくるようなお部屋でしたが、全く不潔ではなく、建物に対して負けないくらい清潔感を感じさせてくれるような部屋で快適に過ごすことができました。

実質滞在時間は6時間程度でしたが、一番しっかりと睡眠がとれ、疲労も回復でき、早朝からシャワーも入れてスッキリした夜でした。

朝ごはんに24時間やっている三笠食堂でちゃんぽんを食べることに

早朝5時くらいなんですが、沖縄の名物ってなんも食べてないなと思い、沖縄のちゃんぽんを食べることにしました。
沖縄のちゃんぽんは長崎ちゃんぽんとは次元が異なります。
簡単に言えば麺ではなくご飯ものの料理なんです。
宿泊していたホテルから徒歩で20分かからないくらいとのことで、今回は三笠食堂県庁前店に行ってみました。

完全に町の定食屋さんという感じが半端ないんですけど、営業中ののぼりもあって店内からも賑やかな感じがしていますので早速入店してみましょう。
ちなみにお店の前にはメニューの看板もあります。
店内に入ると、おばちゃんたちが忙しく働いています。指で隠していますが、カウンター席はほぼ満員で隣が近いくらいで、この写真を撮影している後ろ側にはテーブル席になっていますが、そこは満席でした。
仕事終わりのおねーさんとかおにーさん、トラックの運ちゃんや終電逃したリーマンの方もいましたね。
カウンターを見てみると調味料、メニューなどのほかにお水のセルフサービスなんかも書かれています。
念のためメニューを確認しましたが、ちゃんぽんを頼みました。だって名物らしくて50年間続くオリジナルちゃんぽんなんて書かれていたら食べたくなるでしょ?

店内の満席状況に合わせておばちゃんたちもフル回転して作業をしていますが、提供され鵜までに20分くらいかかっていました。
おばちゃんには「遅くなってごめんね」といわれましたが、人が一から作っているのに全体の注文を20分でやり切れるマンパワーにただ驚くばかりでしたよ(笑)。

そしてこちらが三笠食堂のちゃんぽんです。
ものとしては完全に違うのですが、イメージのしやすさでいえば、チャーハンの卵とじ風といったところでしょうか。
味は全く違うのですが、表現が難しく、とても言い表せません。
味付けは濃いめで、お味噌汁もめっちゃ美味かったのは覚えています。

あまりの美味さに一気に食べきってしまいました。
ちなみに沖縄といえばさんぴん茶だろ!ということで買ってみたのですが、よく見ておらずジャスミンティーのさんぴん茶でした。これはこれでありかなと。
ちなみに今の今に至ってもまともなさんぴん茶を飲んでいません(笑)。

今回は満足度100%のお泊り修行でした

歩いて駅に向かっているとだんだんと太陽が出てきました。
県庁前駅って周りに新聞社とかもあって、那覇のダウンタウン的な印象を受けました。
ここからは何も起きることもなく、空港につき、羽田に戻りました。
おなか一杯でしたが、機内食は少なめなのでしっかり食べて仕事に向かいましたとさ。
おしまい。

今回は本当に充実したお泊り修行になりました。
沖縄の中でも移動はほとんどしていませんでしたし、名物も食べたり飲んだりしていなかったし、観光もしたことなかったので、本当にちょっとの間でしたし、かなりリーズナブルなものになりましたが、リラックスした休息、おいしい沖縄料理に出会えた最高に幸せな修行となりました。

というか今までが過酷だったからかこの程度で幸せとかあほかと思う人もいるかもしれませんが、個人的にはかなり楽しい1日になったのです。

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
SFC修行
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました