アラサーリーマンがSBI証券に口座を解説の手続きを完了しました

前回の記事ではSBI証券に証券会社を決定したところまでを書きましたが、今回は証券口座を開設する手続きが完了したので、その内容を公開します。

今回の手続きはすべてスマホで行いましたが、なんと手続きにかかった時間はおよそ30分!
なんでこんなに手間がかかったのか少し不思議ですが、人一倍機械系に弱いので、そういうことなんでしょうかね…。

SBI証券のネットで口座開設はマイナンバーと免許証だけで簡単…のはずが…

前回も書きましたが、口座を開設するのはマイナンバーカードまたは通知カードと免許証などの顔写真付きの身分証明書があればその画像をアップロードをするだけで問題なく開設できます。

しかし私はここで一つきました…。

まず、私はマイナンバーカードを持っておらず、通知カードだけです。
そして通知カードに記載されている住所は以前の住所でした。
通知カードの裏面に、更新された住所などを記入する欄があり、そこも必要と思ったのですが、写真をアップロードする項目に通知カードの裏面がなかったのです。

速攻で調べてみると、住所が違う場合でも、現住所と同じ住所の身分証明書の写真があれば問題ないとのことが判明し、数分時間を使ったものの、問題なくデータの提出ができました。

スマホでPDFの約款等を落とすと手続きが解除されるエラーが…

スマホで手続きを進める中で、約款などをPDFでダウンロードし、確認したこととするチェック項目がありますが、そこで、ダウンロードすると自動でPDFが開いてしまいます。

一度開いてからブラウザを戻し、手続きを続けると、「一定時間の操作がなかったので手続きをキャンセルしました。最初からやり直してください」という表記が…。

マジかよ!と思いながらも、手続きを最初から始めます。
手続きに当たっては前回入力した電話番号などは記録が残ってて、タップすると自動で候補が出てきたので、そこまでのストレスがかかりませんでしたが、この再入力にも数分の時間を要しました。

送金手数料がかからないSBI銀行口座はシステム障害で開設できない

送金手数料が無料になる唯一?の銀行口座であるSBI銀行が、システム障害の関係で新規の口座開設ができなくなっていました。

どちらもネットで開設できることはわかっていたので、問題なく数分でできるものと思っていたのですが、手続きの画面から、先には上記のようにメンテナンス等で手続きができない旨の表記がされていて、現状では証券口座を開いても送金手数料がかかる関係で投資できません。

SBI銀行のシステム復旧とNISAの手続きが完了したら投資スタート

今回についてはいろいろと不幸が重なりました。
とりあえずの目標としては、SBI銀行の口座が開けるようになり、NISAの手続きの完了メールが届き次第投資を開始する予定です。

システム復旧の時期はわかりませんが、NISAの手続きは7営業日程度なので、早ければ水曜日位から投資スタートできるんじゃないかな?と思います。

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
お金 株式投資
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました