自宅のベランダが熱い!人工芝で足の裏のヤケドが防げるのか

生活

自宅のベランダが熱い!
洗濯物を干すとき、布団を干すとき、とにかくベランダに出る時の床がめちゃくちゃ熱い!

熱すぎてヤケドするんじゃないか?と思うことも多い今日この頃。
サンダルで出れば問題ないかも?と思って使ってみると、今度はサンダルが熱い!
これじゃ何の意味もない!

ベランダに出るときに熱さなんか感じたくないんだよ!
真夏でもヒンヤリ涼しいベランダが欲しいと常々思っていた私はふとある考えが頭をよぎりました。

人工芝ってめちゃくちゃ涼しいんじゃね?と。

芝って熱を貯めこまないっていうし、人工芝なら手間かからないんじゃね?ってことで、実際にベランダに敷いて効果が出るのかまとめました。

人工芝の一番の魅力は手入れがいらないところ


人工芝の一番の魅力は手入れいらずで手間が全然かからないところ!
庭に生えている天然芝は水やり土入れなど、手間ばっかりかかっているのに途中で枯れることもあります。
それにベランダで育成させるのかマジで無理ですから。

でも人工芝は敷き終わればもうおしまいです。
ペットがトイレしても水で流すだけです。ほんとに手間いらず!
しかも人工芝の平均寿命は7~10年なので、一度敷き切ったら買い替えまでの期間が長いのも良いですよね。

飲み物こぼしても、鳥の糞がついても、基本的に拭き取ってから水で流せば元通りです。
どうしても気持ち悪い人は人工芝専用の殺菌剤があるのでそれを使えば清潔に保てます。

ベランダに敷くなら100均でも売っている水を通す人工芝を選ぼう

人工芝には水を通す透水性という優れモノがあります。
透水性の人工芝は水はけが良いから雨が降った後でもすぐに乾くし、人工芝の裏側とコンクリにカビやコケが生える可能性も低いから使い勝手がめっちゃいい。

反対に水はけが悪いとすぐに水垢やコケ、カビが生えるからコンクリを傷めます。

どの人工芝が良いのか分からないけど、熱いベランダなんか出たくない!
そんな人は100均に売っている人工芝を見てください。
目が粗いのが少し気になりますが、裏側に穴が開いていて水はけが良く、ジョイント式の物もあるのでくっつけて使うことで綺麗に敷き詰めることもできます。

よくわかんないけど水はけいい人工芝をベランダに敷きたい!って人は迷わず100均に買いに行きましょう!

人工芝は自分で簡単に設置できます


人工芝は自分で簡単に設置できます。
特にジョイント式のものを購入すれば全く工具いらずでくっつけて敷いて、ハイ!おしまい!って感じです。

高級な人工芝をムラなく敷きたい人は業者にお願いしてください。
私みたいに、熱いベランダ対策できればこの上ない幸せ!と思っている人はジョイントか、安いロール(ループ)タイプを買ってきて、寸法に合わせて切って敷けばそれでいいと思います。

ジョイントはサイズがあるのでうまく敷き詰められない広さのところもありますが、ロールタイプの場合は自分で採寸して切っていくだけなので使い勝手がすごくいいんです。
ロールタイプは1ⅿ×5ⅿの5㎡が最小単位で5000円くらいから売っています。

大きな負担にならずに人工芝のベランダを作れれば子供やペットもハダシで外に出られるし、自分も熱くないし、一石二鳥どころか三鳥、四鳥も夢じゃない!

私も近々人工芝に切り替える予定です。

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
生活
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました