新型コロナに感染した名古屋60代夫婦のハワイの滞在先と便名が判明

ハワイ関係

以前紹介したハワイから症状が出ていたっぽい名古屋の60代夫婦のハワイ滞在先と利用していた飛行機の便名がそれぞれ発表されました。

今回は発表された内容の簡単なまとめをして最新情報をシェアしていきたいと思います。

以前紹介した記事はこちら

ついにハワイでも新型コロナウィルス?名古屋60代夫婦ハワイ旅行後感染を確認
ついにこの時が来てしまったようです。 2020年2月15日現在で名古屋在住の60代夫婦が新型コロナウィルスに感染していることがわかりました。 しかも、この夫婦は1月28日から2月7日までハワイに滞在していたそうです。 これはほ...

名古屋60代夫婦のハワイでの行動が明らかに

名古屋で感染が確認された夫婦のハワイでの行動や滞在先がCDC(疾病対策センター)より発表されました。

発表の内容は次の通り

夫婦は1月28日から2月3日まで、マウイ島のカアナパリビーチ・クラブに滞在していました。マウイ島滞在中、夫婦には症状が出ていなかったと州衛生局は発表しており、ホテル側から宿泊客宛に送られた2月15日付けの書簡では、ホテル内での感染、ウイルス拡散は疑われていないとの見解が示されています。またホテル側は今回の件を受けてリゾート内の徹底的な清掃・消毒も行ったと述べています。

その後夫婦は、2月3日にカフルイ空港からハワイアン航空265便でホノルルに移動。ハワイアン航空では州衛生局と協力し、同便の乗客全員に通知するとともに、同便に勤務した乗員の健康状態についても確認作業を続けています。

2月3日から6日は、オアフ島のグランドワイキキアンに滞在。この間に夫婦は風邪のような症状を感じ始めました。2月6日、ホノルルから名古屋空港行きのデルタ航空611便で帰国。すでに発熱などの症状を発症していた男性は、機内では常時マスクを着用していたと報告されています。デルタ航空では、同便の乗客に感染者が出たことを搭乗客全員に連絡しているほか、アジア地域の発着全便で、除菌ジェル、グローブ、マスクのセットを乗客に配布しているということです。

参照:myハワイ
https://www.hawaii-arukikata.com/news/2020_0219_coronavirus_itinerary.html

滞在していたグランドワイキキアンはヒルトン系列のホテル

この60代夫婦が滞在していたグランドワイキキアンはヒルトン系列のホテルです。
ワイキキとアラモアナのちょうど中間にある比較的高級なホテルです。
アラモアナセンターまで徒歩10分と便がいいホテルです。

楽天トラベルでは2月20日から1泊の料金は、部屋のサイズやベッドサイズなどによりますが、大体6~8万円程度です。

飛行機で同じ便に乗っていて感染の可能性は…正直不明

正直なところ、同じホテル、同じ便の飛行機に乗っていたから感染するかというのはわからないというのが正確です。

というのも、濃厚接触や武漢渡航者以外でも感染しているようなカオスな状況です。
感染の可能性は非常にあろうかと思いますが、体調の不良があるわけでもなければウィルスに打ち勝つ体力があると思って放っておいてよいかと思います。

少しでも接触した可能性があるのであれば体調管理に気を遣ってください

今回はなかなかわからなかった夫婦の状況がある程度はっきりしました。
滞在期間に被りがある人や、同じ飛行機に乗って帰ってきた人は、特に毎日の体調の変化には気を遣ってください。

今、イベントなどでも各自治体や法人から新型コロナウィルスに関する注意喚起が続々と入っています。
観戦しに来たつもりが感染していた、なんてこと無いように体調の管理は十分に気を付けて、万が一体調がすぐれない場合は病院に必ず通院してください。

今回の肺炎の状況がニュースに出ていて、感染してもすぐに重症化したり、死亡の可能性があるわけではありませんが、感染が拡大するといつ悪化するかわかりません。

一番は自分の体なので、無理しない生活、体調の管理を心掛けてください。

この記事を書いた人

アラサーリーマンで一児の父。日々過ごす中で気が付いたこと、面白かったものなどをシェアします。

テックをフォローする
ハワイ関係
スポンサーリンク
テックをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました