こどもちゃれんじぷち☆2月号は「ブロックあそび」

こどもちゃれんじ

2月号の絵本は『ごめんなさい言えるかな?』

知育玩具を遊ぶいろっぴちゃん達のお話がメインでした。


でも今の息子にピッタリなのが「ごめんなさい言えるかな?」という内容のページです。
ちょっと前の息子は悪いことをした時にすぐに「ごめんね」と言えていたのですが、最近の息子はなかなか謝れなくなってしまいました。
どうしてかな?
謝るようにうながしても首を横に振るだけだったり「ごめんなさい。しない」と言ったり。
逆にそこまで言えるなんてすごいかも。笑

絵本の中では、しまじろうが投げたボールがぞうくんに当たってしまって、ぞうくんが泣いてしまいます。
そこでしまじろうが謝って笑顔で仲直りというストーリーでした。

「あーよーちゃん、ごめんなさいしてる」と言って絵本に夢中になっている息子ですが、実際に謝れるようになるのでしょうか。
あまり期待しすぎずに待ちたいと思います。

知育玩具は『いろかたちブロック』

いろんな形や色のブロックみどりっぴくろっぴ知育おさらいまちシートが届きました。


まちシート
は広げると結構大きいです。

息子はいろっぴちゃんが好きなので喜んでいました。
1月号からかな?
DVDや絵本でみどりっぴやくろっぴが登場していたので、実物が届くのを楽しみにしていました。

遊び方に、ブロックは今までの知育玩具と組み合わせて遊べると書かれていました。

まだ学年が上がるわけではないけれど、なんだか総集編みたいな感じです。

大人の読み物は『お片付けの話』

結構頼りにしているのがおうちの方向け情報誌

2歳ってどこまで出来るものかな?とか分かるので助かります。
息子が0歳の時はひよこクラブを読んでいたのですが、あれって情報量多いですよね。
しっかり読み込む気力がなくなってしまった今、ちゃれんじの情報誌は程よいページ数なのでサラッと読めて助かってます。

さて。
2月号のテーマは「お片付け」でした。

Q.子供が片付けなくてイライラ。大人が片付けてしまうのはよくない?
A.1~2歳は一緒に片付けの習慣をつければOK
みたいな。
片付けられないけどどうしたらいい?というようなお話でした。息子はまだ2歳なので丁寧に片付けることはできませんが、おもちゃの“あるべき場所”は理解しているようで、「そろそろ片付けようか」というとそれぞれの場所に戻してくれます。
それでも最近おもちゃが増えてきていて。
片付けきれなくなっているので、リビングが息子のおもちゃであふれつつあります。
せっかくお片付け好きに育ってくれているみたいなので、新しく棚を購入して収納スペースを増やそうかと検討中です。親子で読みたい片付けの本の紹介もありました。
*『おうちにかえろう』青山邦彦/作(白泉社)
*『ごみじゃない!』minchi/作・絵(PHP研究所)
*『ぐりとぐらのおおそうじ』中川李枝子/作、山脇百合子/絵(福音館書店)
*『きれいずきティッチ』パット・ハッチンス/作、星川菜津子/訳(童話館出版)

ごみじゃない!』の作者のminchiさんは、昨年『いっさいはん』という絵本で話題になった方ですよね。

いっさいはん』がとても可愛くて面白かったので、『ごみじゃない!』も読んでみたいと思います♡
この記事を書いた人

3歳の息子がいる専業主婦です。
毎日育児に奮闘しています。
*****
電車やバス、飛行機といった乗り物系全般が好きな息子。
特に飛行機が好きなようでANAとJALの区別が出来るようになりました。

まりこをフォローする
こどもちゃれんじ 子育て
スポンサーリンク
まりこをフォローする
BABLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました